KENZ SPORTS
トップページへ
R2-1全日本ロードレース選手権 第3戦鈴鹿200kmスーパーバイクレース
'02年5月24-26日
鈴鹿サーキット

北川圭一、総合3位でフィニッシュ !

 5月24〜26日に開催された鈴鹿200km。鈴鹿8時間耐久レースの前哨戦とも言え、タイヤ交換とガスチャージを行い、ライダーはひとりで200kmという長丁場を走り切らなくてはならない過酷なレースだ。各チームとも8耐に向けてマシンを仕上げるためにも、このレースは重要な意味合いをもつ。

 北川圭一とケンツGSX-R1000の組み合わせは、金曜日のART主催のフリー走行から調子よく、4メーカーのワークスマシンがひしめく中、2分8秒台をマークして総合4番手でフリー走行を終了。スズカがニューコースになってほとんど初めての走行とは思えない走りを見せた。スズカを得意とする北川だけに、このポジションは期待できるものだが、決勝レースに向けてこれからさらにマシンをどう煮詰めていくかが勝負だ。


 翌日の25日の土曜日は公式予選。スーパーバイククラスは参加台数が67台と多いため、A,Bの二クラスに分けられた。Bクラスの北川は午前中に行われた1回目の予選で、さらにタイムアップに成功。結果的にはBクラスでトップの2分7秒333をマークし1回目の予選を終了する。

 午後の2回目の予選でも北川は順調にマシンのセットアップを詰めてゆき、予選終了間際についに6秒台に突入。最終的には2分6秒854というタイムを叩き出し、GPプロトマシンに乗るカワサキワークスの柳川 明選手、ホンダワークスVTR1000SP-Wの玉田 誠選手に次ぐ3番手のポジションを手に入れる。北川にとっては昨年の最終戦鈴鹿2&4以来のフロントロースタートだ。ちなみに2位の玉田選手との差はなんと100分の3秒という僅差。予選4番手にはチームスズキの渡辺 篤選手、以下キャビンホンダの岡田忠之選手、ヤマハYSPレーシングの辻村 猛選手と文字通りワークスが続いた。

 26日の決勝日、朝のフリー走行でさらにいいセッティングを見つけ出した北川は、グリーンシグナルとともに好スタートを見せ、ホールショットを奪ってトップで第1コーナーに突入する。北川の後には柳川、玉田、岡田、辻村と続いた。
 1周めは柳川、北川、玉田、岡田、辻村の順でホームストレートに戻ってくる。ストレートスピードに勝るカワサキZX-RRがややリードを広げ気味に、レース序盤は北川と玉田が2位のポジションを入れ替え、それに僅差で岡田と辻村が続くというレース展開を見せる。
 15週めを過ぎたあたりからピットストップに向かうマシンが現れ、同時に5台のトップグループに対してバックマーカーが徐々に出現してくる。このころになると岡田が集団からやや離れ始め、北川と玉田は相変わらず2位の順位をめぐってドッグファイトを展開している。

 トップグループで一番最初にピットへ戻ったのはカワサキの柳川選手だ。開発中のMoto GPマシンということで給油にとまどり、18秒のピット作業タイムで、コースに復帰する。
 北川は予定通り24週目にピットイン。ガスチャージと前後タイヤ交換を10秒2というワークス顔負けのタイムでこなす模様が場内モニターのオーロラビジョンに写し出され、観客席からどよめきが起こる。翌週には玉田選手、続いて岡田選手がピットイン。
 このころ北川は柳川の背後にぴったりついて2位をキープ。ピットアウトしてきた玉田が3秒後ろにいるという展開だ。レース終盤はバックマーカーを相手にいかに自分のペースをキープするかという難しいライディングが要求される。北川はめぐり合わせが悪く、コーナー途中が突っ込みでバックマーカーに遭遇することが多く、玉田選手がその差を徐々に詰めてくる。残り2周となった33周目、その差は1秒弱。北川と玉だの2位争いに観客席からも大声援が起こる。次の周には北川がペースを上げて玉田の猛追から逃げようと、その差をまたわずかに広げるが、ついにラストラップ、玉田は北川の背後にぴったりとつく。そして最後のシケイン意突入、北川と玉田は2台並んでハードブレーキング。最終コーナーの加速競争の末、北川はゴールラインで半車身玉田に及ばず、3位でチェッカーを受けた。


ケンツJトラスト&MOJO 北川選手
最後は玉田選手がくるのはわかっていたけど、やられてしまって悔しい。だけど市販車改造のGSX-R1000でワークスを相手にここまで戦えたから、よしとしましょう。今年初の表彰台だしね。ここまでマシンを仕上げてくれて、ワークスにも負けないピット作業をしてくれたチームスタッフに本当に感謝します

ケンツJトラスト&MOJO 川島監督
北川はとくに鈴鹿が速いから、このくらい走ってくれるものと信じていました。マシンをここまで煮詰められたし、ピット作業もノーミスだったから、今回はチーム員全員でもぎ取った結果ですね。ワークス相手に戦う8耐が楽しみになってきました
<<次のダイアリーへ | 前のダイアリーへ>>
本ページの全部、又は一部を複写、転用することは著作権法での例外を除き禁じられています
Copyright (C) 2006 KENZ co.,ltd. All rights reserved.