KENZ SPORTS
トップページへ
全日本ロードレース選手権
'01年5月13日
筑波サーキット

ケンツGSX−R1000、全日本ロードレース選手権でデビューウィン!

 5月13日に開催された全日本ロードレース選手権第2戦筑波スーパーバイクレース。スーパーバイクレースクラスにとっては事実上の開幕戦となる大会だ。

 ケンツJトラストレーシングからはGSX−R1000Xでフォーミュラークラスに北川圭一がエントリー。金曜日からの練習走行でコースレコードを連発し、土曜日に行われた予選ではそれまでのレコードを1秒近く上回る57秒5というタイムを叩き出し、公式にコースレコードを樹立した。

 北川圭一選手「マシンも調子よく、コースレコードを叩き出すことができた。ただタイムアタックのときにちょっとクリアラップをうまくまとれなかったので、もうコンマ2〜3秒タイムを縮められたと思うとちょっと残念ですけどね。この調子で決勝でもがんばります」

 決勝レース北川はスタートでもたつき、1周めは12番手でピット前に戻ってくる。だが、北川はここからハイペースで追い上げる。すぐにXフォーミュラークラスではダントツのトップにたち、中盤からはスーパーバイク勢を相手にバトルを繰り広げ、30周を走りきってチェッカー。
 Xフォーミュラークラスでは2位を20秒以上引き離して優勝、スーパーバイクを相手に総合でもXフォーミュラーとしては初めて6位 に入賞した。

 北川とGSX−R1000は全日本という公式レースでみごとデビューウィンを果たしたのだ。



北川圭一
序盤はちょっとつまずいちゃったかな。クラス優勝はもちろん、ワークスのスーパーバイクを1代でも食いたいから、この成績ではまだまだ満足していません。でもマシンのポテンシャルは高いし、チームもよくやってくれているので、これからが楽しみです

川島賢三郎チーム監督
とにかくデビュー戦をクラス優勝で飾れてホッとしています。、また総合6位 という成績はデビュー戦としてはまずまずだと思います。これもスタッフみんながよくやってくれた成果ですね。まあシーズンは始まったばかりなので、これからも兜の緒を締めてがんばりたいと思います
<<次のダイアリーへ | 前のダイアリーへ>>
本ページの全部、又は一部を複写、転用することは著作権法での例外を除き禁じられています
Copyright (C) 2006 KENZ co.,ltd. All rights reserved.