KENZ SPORTS
トップページへ
筑波ツーリストトロフィレース
'00年3月4日
茨城県 筑波サーキット

 
KENZ TL1000R NT−1クラス 優勝
 

 昨年までの筑波シングルエンジョイレースから、筑波ツーリストトロフイレースに名称も新たとなったこのイベントレース。開催クラスは改造範囲の狭いノーマルクラス(基本的にマフラーとタイヤくらいしか変更できないレギュレーションだ)ばかりで、当日は曇り空ながらNT−1クラスは予選、決勝ともなんとかドライの路面状況で行われた。なおこのレースでは、スズキSV400S/650Sのワンメイクレースなどもあり、参加型のレースとして今年は6月と11月の計3回筑波で開催される。



 
予選
 

 午前9時半より開始された予選では、開始早々TL−R+蜜石がリーディングボードのトップに躍り出る。その後はずっとトップの座を譲らず、最終的に1分04秒599というコースレコードタイムで2位を1秒以上引き離し、ポールポジションを獲得した。

 
蜜石選手談
マシンも快調、人間も快調です。新しいチタンマフラーはなかなかパワー感があって、いいフィーリングです。決勝ではポールトゥフィニッシュを決めたいですね



 
決勝レース
 

 日章旗が振り下ろされるスタート、一瞬蜜石は出遅れたかに見えたが、第一コーナーではアウト側から仕掛け、見事にホールショットを奪う。一周目のホームストレッチにはすでに2位以下を5車身以上引き離して戻ってきた。周回を重ねるごとに2位以下を引き離し、レース終盤ピットからはペースダウンの指示も。そのまま蜜石とTL−Rは12周のレースを危なげなく終え、約束通りポールトゥフイニッシュで見事優勝を飾った。

 
蜜石選手談
約束したポールトゥフイニッシュができてとてもうれしい。また次のレースもこの調子でがんばります

川島賢三郎チーム監督談
ウチのTLが勝ったのはもちろんうれしいけど、上位6位のうちにTLが5台も入っていて、それがみんなウチの足回りやマフラーを使用していてくれたことが非常にうれしかったね。こういうユーザーのためにケンツはがんばりますので、応援よろしくお願いします
<<次のダイアリーへ | 前のダイアリーへ>>
本ページの全部、又は一部を複写、転用することは著作権法での例外を除き禁じられています
Copyright (C) 2006 KENZ co.,ltd. All rights reserved.