KENZ SPORTS

株式会社ケンツ

〒341-0027
埼玉県三郷市笹塚31

TEL 048-949-0118
FAX 048-949-0084
営業
時間
10:00~19:00
(日祭日は18:00まで)
定休日 毎週木曜日

詳細はケンツについて
ご覧ください。

修理・車検・メンテナンス・オーバーホール

ケンツのプレミアムな修理、メンテナンスをご紹介いたします。

ケンツはレーシングショップというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、関東運輸局の認証工場でもあり、車両修理などの一般整備、及び車検などの業務にも大変力を入れております。車種(スクーターを除く)やメーカーは問いませんので、どうぞお気軽にお持ち込み下さい。もちろんエンジンのオーバーホールなどの重整備作業も大得意で、経験豊かなスタッフが皆様をお待ちしております。ちなみに251cc以上の車両の分解整備を業務的に行うことは、法的にはこの認証工場の資格を得てなければなりません。

●サスペンションメンテナンス

サスペンションメンテナンス強化月間!
エンジンオイルはマメに交換するけど、フォークオイルは… という貴方! サスペンションメンテナンスはみなさんが想像している以上に重要です。この足回りのメンテナンスで本来のサスペンション性能を取り戻せば、ハンドリングもグッドフィールになること間違いなしです。
とくにサーキット走行をときどき楽しんでいる方は必然のメンテと言えます。オーバーホールしたときにスラッジで真っ黒になったフォークオイルを一度見れば、いかにサスペンションは酷使されているか納得して頂けると思います。
また、STDのリヤサスペンションもオーバーホール出来ます(一部の車両を除く)ので、ご相談ください。

もう1万km走っているけど、前後サスのメンテは一度も… なんて方は、ぜひこの際ご用命ください。そうそう、いっしょにステアリングステム回りとリヤサスリンクとスイングアームピボット回りのオーバーホールというメニューも加えれば、もう万全です!

肝心のご予算ですが、フロントフォークのオーバーホール(左右セット)は¥20,000~\30,000前後、リヤサス(シングル)が\20,000~\25,000前後を目安としてください。

同時に行うステム回りオーバーホールは¥9,000~\15,000、リヤリンク回りとスイングアームは¥20,000~\25,000となります。弊社代表・川島賢三郎のサスセッティングアドバイスも受けられますよ。

一般整備、メンテナンス

 
パンク修理はもちろん、エンジンオイル交換にドライブチェーン調整、ブレーキパッドやブレーキフルュードの交換、エア抜き、タイヤ交換などなんでもお任せ下さい。

車検

 
メーカー、車種を問わずにお気軽に持ち込みください。
ケンツでは法律で定められている法定点検のほか、前後ブレーキ関係の洗浄や各部のグリスアップなど数十箇所に及ぶ弊社で定めた点検をいたします。車検代金は交換パーツや油脂類がない場合、自賠責保険や税金、消費税等すべて込みで¥62,440から承ります。

エンンジン及びサスペンションセッティング

イメージ
マフラー交換をしたらある回転域でトルクの谷ができた、アフターファイアーが発生する、いまいちパワーがないように感じる… こんな症状が該当する方はケンツにご相談ください。シャシーダイナモでパワー計測しながら空燃費を測り、セッティングいたします。ケンツがお奨めするBAZZAZを始めとしたサブコンピュータの取り付けと、そのセッティングもお任せ下さい。また、スズキのインジェクション車はほとんどの車種で弊社のインジェクションコントローラーが使用できます。代金は15,000円~となります。

またサスペンションセッティングでお悩みの方もご相談ください。STDのサスはもちろん、オーリンズなどの高価なサスを装着してもセッティングが合っていなければ、その性能が活かせないどころか危険でもあります。ケンツでは長年のレース活動で得たノウハウで、一般公道からワインディング、サーキットのスポーツ走行に至るまでサスセッティングいたします。

エンジンオーバーホール

イメージ
愛車のエンジンの調子はいかがですか。このごろなんかイマイチ…とお思いなら、その原因は必ずどこかにあるはずです。ちなみに4サイクルエンジンはシリンダーヘッド周りのケアで驚くほどパフォーマンスがよみがえります。実際に5万km前後走行している車両のシリンダーヘッドをバラしてみると、バルブステムの磨耗やステムシールからのオイル滲み、バルブスプリングのヘタり、タペットクリアランスの異常、そしてバルブシートの当たり不具合など、ケアを必要とする個所が多いいのです。そしていわゆる腰下までの完全オーバーホールでは、シリンダーの点検から始まり、ピストンやピストンリング、コンロッドなどの往復運動部品や各メタルの交換、クラッチやミッション関係のチェックなどで、新車のパフォーマンスを取り戻すことができます。また弊社ではシャシーダイナモを使用しての「エンジンオーバーホールのビフォァー&アフターのデーターとり」も行ない、好評を博しております。このメニューもお勧めです。おおよその代金は水冷DOHC4気筒の完全オーバーホールで300,000円~450,000円(エンジン脱着、パーツ代、工賃、シャシーダイナモチェック)ほどとなります。
ケンツでは整備歴30年以上の社長を始め、経験豊富なメカニック陣がお客様の大切なエンジンをオーバーホール致します。

便利な「エンジンBOX無料貸し出し」システム

イメージ
地方のお客様に対するサービス充実のために「エンジンBOX無料貸し出し」を行っております。 これは「エンジンをオーバーホールしたい」「サンデーレースをやっていてエンジンをチューンしたい」というお客様に、エンジンのみをデリバリーできる「エンジンBOX」を無料で貸し出すものです。
つまり、ケンツにエンジンのオーバーホール(またはチューン)依頼→ケンツからエンジンBOXを送付→お客様がご自分で降ろしたエンジンをBOXに入れてケンツに送付→ケンツに到着後、作業→BOXでお客様にエンジン送付→再びお客様からBOXのみをケンツに返却、という流れになります。

このシステムはエンジン脱着をお客様ご自分がなさるので、工賃は2~3万円お得になります。 エンジンBOXはアルミの角パイプと合板で頑丈に製作、またBOX内にはエンジンハンガーが備えてあるので、安心してデリバリーできます。 是非この「エンジンBOX無料貸し出し」システムをご利用ください。
詳しくはメールにてお問い合わせ下さい。

エンジンチューニング

イメージ
エンジンオーバーホール時に、チューニングアップを施してみてはいかがですか。
シリンダーヘッドの面研による圧縮比の向上、カムシャフト交換や摺動パーツの研磨、慣性部品の軽量化、そしてポーティングまでケンツがレースで得たノウハウ&スキルでお応えします。いわゆるライトチューンングからヘビーチューニングまで、すべてケンツが得意とするところです。これは十分なご相談から始めましょう。

サスペンションオーバーホール

 
エンジンオイルは距離管理とともに、その汚れも目視できるので交換時期もわかりやすいと思います。同様にサスペンションのオイルも必ず劣化します。サスペンションオイルは走り方によってはとてつもなく高温になり、またオイルスラッジも発生します。
サスペンションの定期的なオイル交換はもちろん、同時にステアリングヘッド回りの点検やリヤのリンク回りのグリスアップ等を行うことで、オートバイの車体はより良好になります。これでコーナーがとっても楽しくなること間違いなしです。

レーシングマシンの製作、メンテナンス

イメージ
筑波サーキットやツインリンクもてぎのロードレース地方選手権、筑波TTやもて耐、そしてD耐、茶耐に参加している方、またはこれからこれらのレースを目指している方、ケンツはそんな皆さんを応援いたします。ST600や、NT、NB、もて耐オープンクラス用マシン、そしてJSBマシンまで、ケンツのレーシングノウハウで製作いたします。これらはスズキ車に限らずどこのメーカーでも構いませんので、ぜひご相談ください。またベース車持ち込みでもOKです。ご予算に合わせたレーサーを製作いたします。
そしてケンツレーシングJrのクラブ員になればオイルやパーツのサポートもありますので、お気軽にご相談ください。またレーシングマシンは普段のメンテナンスも大変重要ですから、この点もご相談下さい。